トロロアオイ栽培の用地の決定

4月、栽培の用地の決定。

広瀬町「広瀬和紙」紙漉き職人長島勲氏が栽培を成功しているので、指導と用地をお借りして、実験栽培をすることとなりました。


最新記事

すべて表示

―和紙を未来へ繋ぐ―

令和2年度は、安部榮四郎記念館が中心となり、八雲中央公民館・松江工業高等専門学校と実行委員会を構成し「和紙を未来へ繋ぐ事業実行委員会」として活動してきました。