畑に植えた三椏の種が発芽

5月22日(土)


昨年の挿し木も順調に成長している。今年の梅雨入りが1か月も早く、冬も暖冬だったため、三椏の花も早く咲いた。例年より種の落下が2週間早く、今週中に採取する予定。ただ、植えてある場所によって条件が違い、すべてが同時ではない。今年は、気候条件が特に違い、暖冬と3~4月に急激に気温が上がったりしたので、開花も少なく、また強風で落下が早くなることが懸念される。


*5月22日(土)午前中に、沖縄県より来館者があり。芭蕉紙を漉いていると言われ驚く。またもう一人漉いている人がいると聞かされ、沖縄県は、生産者が3軒になった。嬉しい知らせ。