草取り、間引き、芯止め土寄せの作業1(トロロアオイ)

7月4日及び7月12日


草取り、間引き、芯止め土寄せの作業をしました。

野菜と同じように、苗の間隔を10~15センチ空け、余分な芽を間引いていきます。根を太らせるため、成長を止める芯止めをします。最初は双葉が出て、約20センチに成長するのを待ち、写真のように2~3枚の葉が出ると一番芯のところに小さな芽があります。それを爪で切り取ります。土寄せをして根に近い幹を保護し安定させしっかり成長させます。全体に行き渡るよう根の周りにパラパラと追肥を行います。間引く時に、成長の良いものは移植し等間隔にします。

雑草は梅雨時期とても早く成長しますので、トロロアオイが負けないよう、こまめに草取りをします。


最新記事

すべて表示

―和紙を未来へ繋ぐ―

令和2年度は、安部榮四郎記念館が中心となり、八雲中央公民館・松江工業高等専門学校と実行委員会を構成し「和紙を未来へ繋ぐ事業実行委員会」として活動してきました。