草取り、間引き、芯止め土寄せの作業2(トロロアオイ)

7月12日


前回の続きで、間引いたのち1週間で大きくなったため、芯止めの残したものを確認し芯を摘み、顆粒状の追肥をして土寄せの作業を行いました。大きなものは鍬を使って5cmくらい土をかぶせます。

雑草はすぐ大きくなるので、常に草取りは必要。

30cmくらい伸びてくると、葉の茎の根元に小さな脇芽が出てきます。花を咲かせないようこの芽を摘んでいきます。逆に種を採るときはこのまま花を咲かせて種を採ります。

2週間後にもう一度土寄せをします。芽欠きはその都度必要に応じて行いました。

最新記事

すべて表示

―和紙を未来へ繋ぐ―

令和2年度は、安部榮四郎記念館が中心となり、八雲中央公民館・松江工業高等専門学校と実行委員会を構成し「和紙を未来へ繋ぐ事業実行委員会」として活動してきました。