三椏挿し木の管理について

三椏栽培経験者・石倉充さんに管理の指導を受け、日々挿し木をしたプランターの土の表面を観察した。今年は西側ではなく、乾燥気味で日照時間の少ない場所において管理している。遮光用シートはまだかぶせず、通気性を良くしている。毎日プランターの土表面を観察し乾いたら蓮口ジョウロで水分を与えている。水のやりすぎは三椏が嫌うので、表面を注意しているが、川砂を入れているのに水持ちが良いのに驚く。